トリクロール酢酸によるアレルギー性鼻炎治療

トリクロール酢酸

「今年の花粉症も辛かったな、また次の花粉症シーズンが来るのが恐ろしい・・・」

「来年は受験だから、眠くなる可能性のある薬はあまり飲みたくない」

「花粉症だけど、妊娠中は薬を飲めないしどうしよう・・・」

「春の季節に、思いっきり花見やお出かけを楽しみたい!」

「とにかく次のシーズンは花粉症の辛さから解放されたい!」

そんな方にオススメなのは、

“塗る花粉症治療”「トリクロール酢酸」です!!

この治療は、トリクロール酢酸という薬液を鼻の粘膜に塗ることでアレルギーの反応が起こらないようにする治療です。

治療の効果はレーザー治療と似ていますが、より負担が少なく短時間で治療を行うことができます!また、費用の面でもレーザーより安価で行えます。

トリクロール酢酸とは

花粉症(季節性のアレルギー性鼻炎)や通年性のアレルギー性鼻炎の症状を抑えるための治療です。

アレルギーが原因で腫れている下甲介粘膜にトリクロール酢酸という薬液を綿棒で塗ることで、アレルギー反応を起こしにくくすることができます。

対象となる方

・スギ花粉症の方:スギが花粉飛散する時期(2月~5月)以外ですべて可能です

・ダニ、ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎の方

・鼻炎症状のうち、特に鼻づまりの症状が強い方

※小学校2~3年生から行うことが可能です。

タイミング

・スギ花粉症の方:花粉飛散時期(2月~5月)以外、いつでもOKです!

・通年性アレルギー性鼻炎の方:1年中いつでも可能です!

治療の流れ

1.まず鼻粘膜の麻酔をします。麻酔液を浸したガーゼを鼻の中に挿入し、15分程お待ちいただきます。

2.トリクロール酢酸の塗布は両側の場合、5分程で完了いたします。

3.手術後はすぐにお帰りいただくことができます。当日は、強い鼻かみ、飲酒は禁止です。

治療後の注意点

・手術後は強い鼻かみ、飲酒は当日禁止です。

・手術から1週間後に受診をお願いいたします。

・術後は一時的に鼻が詰まりますが、1~2週間でおさまります。

・血が混じった鼻水がでることがあります。

・治療結果には個人差がありますが、1~2年効果が持続することが多いです。数か月で元に戻る場合もあります。

料金

費用は初診の場合1回8,300円程度(保険診療3割負担の場合)となります。

再診の場合は、1回7,700円程度(保険診療3割負担の場合)となります。

最後に

鼻の中を確認したうえで、手術が適用となるか判断させていただきます。

手術が適用となった方は、当日すぐに手術を行うことができます。

ご希望の方は、お気軽にご相談下さいね!