自費PCR検査・抗体検査(仕事・出張・旅行のための確認コロナ検査)

【仕事・出張・旅行のための確認コロナ検査】
仕事や出張で証明が必要な方、旅行や帰省などを予定している方に対して、新型コロナウイルス唾液PCR検査・抗原検査を始めました。
また、2021年1月21日より安部医院でPCRの機械を導入したことで、PCR検査も15分で当日に結果をお伝えすることができます!(これまでは2日後でした。)

料金

■PCR検査(自費)
18,000円(税込)
※15分で結果がわかります
※証明書をご希望の方は別途2,000円(税込)いただきます。
(英文の証明書をご希望の方は別途3,500円(税込))

■抗原検査(自費)
12,000円(税、証明書料含む)
※英文の診断書をご希望の場合、13,500円(税、証明書料含む)
※15分で検査結果をお伝え出来ます。

安部医院のPCR検査はNEAR法を採用しております

安部医院で行っている検査法は、等温核酸増幅法(NEAR法)によるPCR検査法です。
アボット社(NY市場上場)のID NOW™️という機器を使用しております。

国によっては、RT-PCR検査のみ認められている場合がありますので、海外渡航目的のPCRをご希望の方は、下記の文章をご一読ください。

海外渡航目的で英文診断書をご希望の方へ

入国する国により、必要とする検査が異なります。
国によっては、RT-PCR検査が必要な場合があります。
詳しくは各国大使館、領事館にお問い合わせください。

(ブラジル、エクアドル、キューバ、フランス,ギリシャ、アイルランド、アンゴラ、パキスタン、中国、シンガポール、カンボジア、韓国、インド等はRT-PCR検査が必要となります。)

※当院のRT-PCR検査は結果判明まで2日間以上を要します。上記の国へ渡航される方は、迅速に結果が出る医療機関をご利用ください。

※当院で発行する証明書での入国に関するトラブルなどが生じた場合、当院では対応致しかねます。予めご了承ください。

※当院は中国渡航に関するPCR検査証明書は発行しておりません。

PCR検査と抗原検査の比較

◎PCR検査
利点:抗原検査に比べ約13%ほど精度が上がる。
欠点:抗体検査に比べ高価

◎抗原検査
利点:PCR検査より安価
欠点:PCR検査に比べ13%ほど精度が落ちる。鼻咽腔ぬぐい液の採取となるため、鼻内に綿棒を入れる必要がある。PCR検査のほうがよく知られているため、陰性証明として評価されにくい可能性がある

※どちらが良いか悩まれる方は当日ご相談下さい。

注意事項(重要)

※コロナ疑いの方を調べる検査ではございません。現在コロナを疑う症状がある方には“自費PCR・自費抗原検査”は実施できません。なお、発熱などの症状で受診される際は、まずは必ず当院にお電話をお願いします。

発熱での受診やコロナ疑いがある時のコロナ検査の手順はこちらを必ずご一読ください>>>

受診方法

ご希望の方は、通常通り当院に受診して下さい。
※安部医院にお越しになったことのある方は順番予約をお取りください。
https://www.ambe-clinic.com/system/

※初めて当院を受診される患者様のご予約はお取りすることができません。初診の患者様は受付後、なるべくお待たせせずに診察にお回しするようにしておりますので、初回受診の際は直接ご来院ください。

団体でご希望の方へ

まずは当院までご連絡ください。(042-461-0781
例:企業、スポーツ、部活団体、テレビ関係など

 

【重要】発熱での受診希望の方及び、新型コロナウイルスPCR検査をご希望の方へ

発熱のある方やPCR検査をご希望の方は、感染対策を徹底し、入口と診察するスペースを完全に分けてご案内しております。
受診時、なるべくお待たせせず、スムーズに診察が出来るよう以下のご協力をお願いいたします。

①受診当日に安部医院(042-461-0781)までお電話をください。
②発熱がある、またはPCR検査希望の旨、スタッフにお伝えいただくと受診時間をお知らせいたします。
③メールにて氏名・年齢・性別・住所をお書きになり、保険証の写メを添付していただき
ambeclinic.yoyaku@gmail.comまでメールをお願いいたします。