糖尿病

糖尿病

糖尿病は、血液中に身体を動かすエネルギーのもとの糖分(=ブドウ糖)が体内で消化されず、血中にあふれかえってしまう病気です。糖分を消化、分解する身体の反応としてはすい臓から分泌されるインスリンというホルモン物質がありますが糖尿病は、何らかの異常でインスリンの分泌が不足、あるいはなくなってしまったことが発端で起こります。

糖尿病にかかってしまうと、体内でブドウ糖を身体の直接的なエネルギー源であるグリコーゲンに分解できなくなり血中にあふれます。
主な症状としては、

  • のどが渇く、排尿する頻度が多くなる…大量のブドウ糖を排出するために尿の量が増え、身体の水分が失われるため
  • 体重が急に落ちる…食べても正常にブドウ糖が分解されず、垂れ流し状態になってしまうため
  • 全身がだるく、疲れやすくなる…インスリンが不足しているため、身体に十分なエネルギーが供給されなくなるため
  • 目がかすむ…網膜が血中の糖分に冒されるため
  • 糖が尿に出る…血中に糖分にあふれるため

があります。
また、糖尿病で最も恐ろしいのは、合併症を引き起こしてしまうことです。
合併症も様々にありますが、代表的なものに「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」の糖尿病の3大合併症があります。

「糖尿病神経障害」は、手足の血行が悪くなり、神経障害が起こる病気です。手足がしびれる感覚から始まり、悪化すると細胞が壊死し、取り返しがつかず、手足の切断に至ってしまうこともあります。
「糖尿病網膜症」は、血行障害から眼底の血管がつまってしまい、視力の低下を引き起こす病気です。悪化すると失明する危険性があります。後天性の失明になる可能性が最も高いのは糖尿病によるものです。
「糖尿病腎症」は、高血糖のために、腎臓のフィルター部分がつまってしまう病気です。悪くなると人工透析が必要になってしまいます。

このようなリスクを回避するためにも、普段から暴飲暴食は避け、常に良い健康状態でいれるようにしましょう。

日・祝
9:00〜12:30
15:00〜18:30
・・・耳鼻咽喉科、小児科、内科
・・・耳鼻咽喉科、小児科のみの診療