のどの異常感

のどの異常感

日常を過ごすうえでのどの違和感を覚えるという方がしばしばあります。のどの違和感の原因とその症状としては以下のようになります。

  • 風邪の症状
    喉の痛みが起こる原因として、一番多いのはやはり風邪によるものです。風邪は細菌やウィルスが身体の中に侵入して鼻や喉、気管支に炎症を起こし、気道粘膜炎などの症状が起こることで、喉に違和感が出るようになります。
  • 扁桃炎
    扁桃腺は身体の外から中に侵入してくる菌やウイルスを撃退する役割を果たしていますが、扁桃の表面には常に細菌が住みついています。そのもとで、気温の高低変動ややほこりなどの刺激物、過労や風邪などによって病原菌に対する抵抗力が弱まると、細菌は増殖を進め、扁桃腺に炎症を起こします。これがのどに違和感を感じる原因の一つになります。
  • 気管支の不調
    咽頭部と肺を結ぶ空気の通り道を気道といい、咽頭から肺までつながるの管を気管と呼びます。気管支は、気管から左右にある肺にむかって空気の通り道を二手に分ける分かれ道を作っている器官です。気管支はハウスダスト、タバコ、様々な空気の汚れに反応しやすいですので、アレルギーを持つ子どもは喘息を発症してしまい、発作性の強い咳なども出ることで呼吸困難になってしまうこともあります。 また、細菌やウイルスなどが体内に入ってきて感染すると、気管支に炎症が起こり、のどがいがいがするようになります。
  • 花粉症
    花粉症は、植物の花粉がアレルギーの原因物質(=アレルゲン)となって起こる、アレルギー性の症状を言います。症状は主に水っぽい鼻水、鼻づまり、目のかゆみの四大症状になりますが、大量に花粉が飛散する時期は喉にかゆみや痛みなどの違和感を覚えることもあります。 また、花粉症に限らずですが、鼻が詰まると必然的に口で呼吸をするようになります。そうすると、喉が乾燥しやすくなり、のどへの違和感を覚えやすくなります。

それぞれ、抗生剤を含めた内服薬を用いて治療していきます。

日・祝
9:00〜12:30
15:00〜18:30
・・・耳鼻咽喉科、小児科、内科
・・・耳鼻咽喉科、小児科のみの診療